ジャニオタあるある

ジャニオタあるある

ジャニオタあるある

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

同担は仲間意識が強いかとおもいきや、同担拒否(同じタレントを好きな人を拒否)って人も結構見かける。

 

自分だけで独占したいという気持ちは分からなくはないですが、皆が皆そうというわけではないんです。

 

同担拒否がいる一方で、コンサート開場前のファン同士の交流は結構楽しい。
ただしここでヤラカシてしまい近所の方たちや周りの方に迷惑をかけてしまう困ったファンも一部に居ます。

 

世間ではジャニオタ=熱狂的すぎて他人の迷惑考えないと思っている方が多いようですが、殆どのジャニオタは、好きなジャニタレの名誉のためにもマナーを守るよう心がけています。

 

普段から担当カラーを身に付ける。

 

グループによっては、タレントごとにカラーが決められているため、自分が担当のタレントカラーを好きになり身につけるくせがついてしまう。

 

コンサートで自担に自分を見てもらうために(目立つために)過激な言葉を書いたウチワを用意したり、過激な服装でくるジャニオタに引きながらも、それで目を留めてもらえると自分も・・・と心が揺れ動く。

 

冬コン(冬のコンサート)でもウチワは必需アイテム
ウチワとペンライトは外せない必須アイテムです。

 

ウチワの用途→×涼むもの・○自担に私を見つけてもらうためのアイテム

 

図画工作は好きではなかったけど、ウチワづくりには情熱を注ぎ込む。
コンサート前の東急ハンズ通いもコンサートの一部ってくらいに熱が入る。

 

会場内で販売されるグッズのために必死で小遣いを溜めている。
学生時代はグッズの購入費用を貯めるのがきつかった。
その反動で、社会人になってからは大人買いに走る。

 

室内がジャニーズグッズだらけなので、友達にもあまり見せられない。
親しい友人にもあからさまに引かれた。

 

並ぶことに慣れてしまったので、ディズニーランドやラーメン屋で並ぶことにも抵抗がない。

 

自担の私物(特にアクセサリー等)は必ずチェックして、同じものを探して入手。
一人で勝手に「ペア」と大喜び。

 

暗証番号は自担の誕生日。
自分の誕生日じゃないからバレにくいし丁度良い。

 

担当が好きすぎて、リアルの恋愛で彼と自担を比較してしまい破局した経験が・・・

 

雑誌などの表紙に自担が写っているとつい買ってしまうので、部屋の中が雑誌だらけになる。

 

青封筒に対する特別な思い。
コンチケ(コンサートチケット)申し込みで当選すると青い封筒に入って届くので、「幸せの青封筒」と呼ばれている。

 

 

ジャニオタあるある関連記事

ジャニーズネットとジャニーズウェブ