ジャニーズグッズ 個人売買

友達や同担仲間へ売る場合

友達や同担仲間との直接取引は案外少ない?

 

 

実は私は、3年前に友人が集めていた潤くんグッズを一式受け継ぎました。

 

友人が「結婚するために処分しなければならないけど捨てるには忍びない」とのことでしたから、同担の私が全てもらったんです。

 

その時は金銭授受は全くなくて、ディナーをご馳走して結婚祝いを少し奮発しました。

 

もちろん貰ったことはとても嬉しかったですよ。

 

同担ですから全部潤くんグッズだし、私が持っていなかったものもあったし。

 

でも、本当のことを言えばM子とはチョット趣味が違っていたんですよね。

 

実は私、雑誌の切り抜きみたいなものは殆ど興味もなく、飾って見た目が良くないスクラップブックみたいなものは全く対象外でした。

 

また潤くんグッズならなんでも良いというわけではなく、実用的に使えるものを結構優先していました。例えばタオルなんかだと、実際に使う用とコレクション用の2枚ずつ購入していました。

 

M子は、とにかく潤くんに関係するものなら何でも集めるという感じでした。

 

だから、もちろんありがたく頂いたのだけど、正直貰って困るものも結構あったんです。
かと言って、潤くんがたくさん貼られているスクラップブックなどは捨てるわけにも行かず、結構困りました。

 

でも、ちょっと恥ずかしい言葉が書いてある手作りウチワなんかは迷わず捨ててしまいましたけどね。実は私みたいに感じる人、案外居るようです。

 

本人がどんなに大切に思っていても、いくら同担だからといって必ずしも同じように思ってくれる訳ではないんですよね。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

友人との直接取引のメリット

 

知らない人よりは信頼できる、大切にしてもらえる可能性が高い

 

付き合いが続けば、その後の様子もわかる

 

面倒な手続きなどが一切ない

 

 

友人との直接取引のデメリット

 

格安or無料にならざるをえない

 

知り合いだからこそ、高くは売れないですよね。

 

こちらの事情を知っていれば、むしろ「貰ってやる」って気持ちのほうが強いかもしれませんから、結果的にかなり格安で渡すかタダであげてしまうということになりかねないのが現実です。

 

なので、友人や知り合いにと考える人は減っているようです。

 

気に入ったものしか引き取ってもらえないことも

 

私の場合は、タダで貰った手前もあり「これは要らない」とは言えずに全てもらうことになりましたが、相手の性格によっては価値のあるものだけを持って行き、そうでないものは要らないと拒否されてしまう可能性も・・・

 

知り合いだからこそ難しい面がありますよね。

 

 

管理人が最後にたどり着いたのはこの方法