ジャニーズ 公式グッズ見分け方

公式グッズ・非公式グッズの見分け方

ジャニーズグッズの公式品とは

 

いまさら説明するまでもないとは思いますが、
ジャニーズグッズには公式品と非公式品が存在しています。

 

公式品とはジャニーズ事務所が作成した正式なグッズで、ジャニーズショップまたはコンサート会場内の開設店舗でしか購入することができません。

 

公式品とは、ジャニタレの肖像権・ジャニーズ事務所の著作権を始めとしたパブリシティ権に違反しないで作成・販売されている商品のことです。

 

私達が購入するジャニーズ公式グッズの収入の全ては、ジャニーズ事務所の運営やジャニタレの給料となって愛するジャニーズたちに還元されています。

 

ジャニタレの顔を使用したものには全て各ジャニタレの肖像権が存在していますから、顔が写っている価値によって得られる収入は全てジャニタレのものでありジャニーズ事務所のものです。

 

他者が勝手に肖像を使用して儲けることはできません。

 

そういったことに違反していないグッズがジャニーズ公式グッズです。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ジャニーズグッズの非公式品とは

 

ジャニーズ非公式グッズとは、ジャニタレの代理人でもあるジャニーズ事務所の許可を得ないでジャニタレの顔写真入りorジャニタレのグループ名などを利用して違法に販売されている商品を言います。

 

ただし、作るだけでは違法ではありません。

 

ジャニタレの顔写真を使用してつくった自作ウチワなどを自分だけが使う分には問題ありませんが、それを販売=儲けると違法となるのです。

 

その収入は、本来はジャニーズ事務所とジャニタレのものですから、ジャニーズ事務所はその儲けた金額を貰う権利があるのです。

 

個人が撮影した生写真などは、パッと見れば誰にでも簡単に「公式品ではない」ことが分かります。

 

もちろんジャニタレの写真を使って自作ウチワを作ったとしても、それが公式品でないことは簡単に見破られるでしょう。

 

分かっていても欲しがる人も居て、現実にオークションなどでは販売されていることもあります。

 

ですがそれとは別に、世の中には悪意を持って模造品を作成・販売し儲けようとする悪い人たちが存在します。

 

そういう人たちはプロですから、本物らしいものを作ります。

 

ですから、ひょっとしたら私達も偽物の非公式グッズを知らずに買わされていることもあるかもしれません。

 

ジャニーズグッズ公式品と非公式品の見分け方

 

まず新品を購入するのであれば、ジャニーズショップかコンサート会場内の店舗で購入すれば間違いありません。

 

逆にそれ以外の場所では販売されていません。

 

ですが、コンサート会場の外で販売されているものは公式グッズではない可能性が高い・・・というよりほぼ確実に偽物の非公式品なので気をつけましょう。

 

また近所のお店で販売されている商品も非公式の偽物が殆どです。

 

例えばコンビニなどがジャニーズと協賛してグッズを販売するような場合は公式と判断して良いのですが、近所の雑貨屋や文房具店でジャニタレの下敷きなどが販売されていたら、それらはまず非公式の偽物なんです。

 

新品を購入するのであればそのような判断ができますが、ユーズドを購入する場合はどのように見分ければよいのでしょう?

 

それは、ジャニーズ公式グッズであれば必ず記載されている商標マークが有ります。

 

(C)Johnny&Associatesという商標を示すロゴと、発行された年代が、例えば2014のような形で記載されています。

 

この商標マークこそが「著作権・肖像権がジャニーズ事務所にありますよ」という意味なのです。

 

 

公式グッズ・非公式グッズの見分け方関連記事

宅配買取の経験談
売ったグッズの行き先